アマゾン(Amazon.co.jp)で売っている商品をガンガン紹介しちゃいます。アマゾンのアフィリエイトネタも掲載中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマゾンアフィリエイトの第3回目で紹介料プランが2つあることを書きました。

紹介料率固定のスタンダードプラン売上げ数、リンクの貼り方によって料率が変わるパフォーマンスプラン

前回はパフォーマンスプランが絶対お勧めと書きましたが、私の実績からどの程度の差が出るか見てみると以下のようになります。

Amazonでは報酬金額を公表することは規約に違反していることが分かったため金額を消させて頂きました。(3/5更新)

2005/12の実績で見てみると、パフォーマンスプランなので料率がアップしていき最終的には5.01%(報酬金額/売上金額)になり報酬額は*****円でした。
・売上げ金額:*******円
・報酬金額:*****円

これが仮にスタンダードプランだったとすると、3%固定なので、*******円×0.03=*****円となり26,616円も差が出たことになります。

スタンダードプランを選択していたらと思うとぞっとします。

パフォーマンスプランは最初から3.25%とスタンダードプランより高い紹介料率なので、それだけでもお得なのですが、更に以下のような場合に料率が加算されます。

①売上件数によって変わる
21件以上で3.5%にアップ、101件以上で4.0%にアップ・・最大6.0%まで料率がアップする。(6%は7401件以上四半期で販売しないといけないため個人では不可能でしょう。)

②①に加えてリンクの貼り方で料率が変わる
個別商品リンクを介して紹介した商品が販売された場合、+2%の紹介料が加算される。
イージーリンクを介して紹介した商品が販売された場合、+1%の紹介料が加算される。

③キャンペーン商品に指定されている商品が注文された場合に変わる
販売した商品がアマゾンでキャンペーンに指定されていた商品だった場合はリンクの種類にかかわらず、+1%の紹介料が加算される。

アマゾンのアフィリエイトの紹介で最大料率が9%と言っているのは、①で6%、②で個別商品リンクで販売され、かつ、③のキャンペーン商品だった場合を指しています。

この他にもスタンダードプランでは対象外のマーケットプレイスの商品が売れた場合でも、通常の商品が売れた場合と同様(①、②、③が適用される)の料率が加算されます。

続きは次回に。

次回はパフォーマンスプランの場合にリンクの貼り方で料率が変わることについて書きたいと思います。

応援宜しくお願いします! m(_ _)m
<<人気blogランキング>>今日の順位は何位かな?

アマゾンで調べる楽天市場で調べる

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。